伊奈波神社について
HOME  > 伊奈波神社について
伊奈波神社について

 

  先ずお祀りされている神様は、「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」と申し上げ、第十一代垂仁天皇の長男で、第十二代景行天皇の兄にあたり、古事記、日本書紀にもそのご事蹟が記載され、父垂仁天皇から弓矢を賜り武事をおさめ、また、勅命によって河内、大和、摂津、美濃など諸国に開拓された池溝の数は、実に800に及び、このため諸国の産業は勃興し、農事は豊かになって天下は泰平であったと記している。更に茅渟の川上宮にて劔1千口を作り、これを石上神宮に納めて有事に備えられた。今でいえば内政、土木、軍事などあらゆる面で活躍されたといえる。
   薨去の翌年(景行天皇14年)命のご偉徳を偲び稲葉山(金華山)の地(丸山)に鎮斎申しあげたのが始まりで、それ以来1900年余りの長きに亘り、「心のふるさと」として親しまれている。天文8年(1539)斎藤道三が稲葉山城を居城とするにあたり、現在の地に遷し奉った。昭和14年11月1日国幣小社に列せられる。
  我々の祖先は揖斐・長良・木曽の三大川に恵まれ水の恩恵に浴したものの一方では、洪水に悩まされ洪水から守り稔り豊かな土地にする事が土地を治める者の最大の務めであり、「水を制する者は天下を制す」と諺があるように、水を制するには金を以て当てるというのが陰陽五行の信仰であり、この地方は特に金、水に関する地名も多く伊奈波神社は水を防ぐ信仰の神社でもあった。近年神徳を慕って家内安全、商売繁盛、初宮詣、七五三詣、安産、交通安全、土建、水利などの参拝が多い。

keisen.gif


○古縁起について

inabasan_01.jpg
「美濃国第三宮因幡社本縁起事」
inabasan_02.jpg


当社には、神社の由緒・御祭神等について書かれた巻物が現存し、岐阜県の重要文化財に指定されている「美濃国第三宮因幡社本縁起事」、写本「美濃国第三宮因幡社本縁起事」をはじめ、「濃州厚見郡因幡神縁起」、「美濃国因幡大菩薩本縁起之事」の四巻の古縁起巻物がある。
「美濃国第三宮因幡社本縁起事」は、延文四年(1359)九月に卜部兼前によって書かれている。写本は文明四年(1472)に書き写された。

写真の部分は、因幡山・一石山・破鏡山の由来が書かれている。
現在、本来の山の総称を稲葉山(因幡山とも書く)といいますが、金華山とは稲葉山に対する別名であり、織田信長は稲葉山から金華山に変えてはおりません。

なお、この四巻を製本し、当社宮司東道人の古縁起についての解説と岐阜市歴史博物館学芸員筧真理子先生が翻刻した仮名書本「美濃国因幡大菩薩本縁起之事」が掲載された「伊奈波神社縁起巻物」を出版しております。詳しくは神社まで。



稲葉山についての参考資料

『ふち河の記』
文明五年(1473)、一条兼良が美濃路を遊覧した折の紀行文。

因幡山のふもとを過ぐる路なり。此の山は奥州より金の化来せるよし、因幡社の縁起にありとかや。
峯に生ふる松とはしるやいなば山こがね花さく御代の榮えを
さなへとる麓の小田にいそぐなりそよぐいなばの峯の秋風


『美濃路記行』
天正元年(1567)、兎庵老人が美濃路を紀行した折の歌。

やどりける家ゐより城郭の見へ侍るに。ここをなむいなば山といふといひければ。
千里までなびきにけりなそぎたついなばの山の風のまに