お知らせ
HOME  > お知らせ  > 野口雨情の詩碑建立
2016年03月06日
野口雨情の詩碑建立

3月5日、境内に詩人野口雨情が作詩した「伊奈波音頭」の詩碑が完成し、除幕式が行われました。

伊奈波音頭は、雨情が1927年(昭和2年)に岐阜市を訪れた際、伊奈波神社の五穀祭をもとに作詩されました。

雨情の筆跡を刻んだ詩碑は、縦1・5メートル、横1・8メートルで雨情の出身地・茨城県で産出された真壁石を用いています。

この詩碑は、氏子崇敬者の岐阜市内在住・遠山重徳夫妻によって奉納されました。

 

 

詳細記事.pdf